【必読】行政書士試験は暗記だけで合格可能!?暗記におすすめの分野は○○!

 

 

行政書士試験に合格するための勉強法は色々あります。

 

 

・独学
・通信教育
・通学

といった手段で、それぞれの学習方法に従い学習を進めていきますが、いずれの場合でも共通することがあります。

 

 

それは暗記だけでは合格は近づかないということです。

 

 

暗記も必要な要素ではありますが、試験合格にはその他に何が必要なのか、どういうことを心がければいいのかを見ていきます。

行政書士試験の勉強では、丸暗記はNG!?

 

 

行政書士試験の勉強をする上で注意したいことは、

決して暗記だけでは合格はできないということです。

 

 

もちろん用語や数字を覚えることは必要なことですが、それだけでは不十分です。

 

 

暗記というより理解という点にフォーカスすることが大切です。これは何も行政書士だけに限ったことではありません。

 

 

 

 

ましてや、学習量や範囲を考えると丸暗記自体が非効率的なことなのは言うまでもありません。

 

 

何科目もあり、1つの科目の学習範囲も広いということは、その全てを暗記することはまず不可能ですし、単に用語や数字を覚えただけだったり、問題そのものを覚え正誤を暗記しただけでは、角度を変えて問題が出された場合に対応が難しくなります。

 

 

このようなことからも、行政書士試験勉強をする上では、暗記より理解が大切と言えるでしょう。

【行政書士】勉強で暗記におすすめの分野は!?

 

 

憲法・商法の条文

憲法や商法の条文はそのまま出されることがあります。このような科目に関しては、条文を覚えるということに注力してもいいでしょう。

 

 

また、条文だけでなく判例にも目を通して、併せて暗記していく勉強法もおすすめです。これは多肢選択の対策としても有効です。

 

 

これらの科目は条文そのものの知識が問われることが多いためです。

 

 

また、憲法は条文の分量もそれほど多くないため、

必要な議員数などの数字を中心に、一読しておくことをおすすめします。

行政法

 

 

行政法は行政書士試験の中で最も配点が高く、かなりのウエイトを占めます。

 

 

この科目でどれだけ得点できるかが、合否に大きな影響を与えます。

 

 

そして、暗記していれば対応できる問題も少なくありません。このことから、行政法は最も時間を割くべき科目であると同時に、暗記要素が強い科目とも言えます。

 

 

 

 

特に、

・行政手続法
・行政不服審査法
・行政事件訴訟法

は、法定義務・努力義務の違いをしっかり意識して、暗記するといいでしょう。

 

 

また、条文からの出題も少なくないため、「条文を読み込んでおく」ということも1つの対策です。

 

 

確かに行政書士試験は暗記よりは理解重視ではありますが、こうしたある部分では暗記が効果を発揮することがあります。

まとめ:暗記よりも「理解すること」が大切!暗記がおすすめの分野も把握しておこう!

 

今回は、行政書士の暗記について、気になる情報を詳しくまとめました!

 

 

全ての分野で丸暗記すれば突破できる試験ではありませんが、

・憲法、商法の条文
・行政法

など暗記することがおすすめの分野もあります。

 

 

あくまで、「暗記よりも理解」することを意識しつつ、暗記がおすすめの分野もしっかりと把握することが、行政書士試験突破には大切です。

 

 

注目のイチオシ記事!

タイトルとURLをコピーしました